ポップな色調の横断幕を作りたいのですが?

もう迷わない!横断幕ガイドブック

ポップな色調の横断幕を作るための配色や決めごとはあるのでしょうか。

新着おすすめ記事

ポップな色調の横断幕を作りたいのですが?

同じ横断幕でも、ポップな配色の横断幕はもっともむずかしい領域です。

基本をお話ししますが、無理なようならプロの助けを借りましょう。

◆ポップな配色は暖色系をまとめることが基本。

色には系統別に、暖色、寒色、中間色の3つがあります。

ポップ調の横断幕を作る際の色の基本は、暖色をベースとして、しかも原色であることを念頭に置いてください。

赤、黄色、緑などです。

分かりやすい例でいうと、ブラジルの国旗やアスリートが着ているユニフォームの色です。

最近では、広島カープパレードでも目にしました。

※関連サイト:巨大な垂れ幕にパネルも!街のあちこちで広島カープのお祝い

むやみに中間色を入れるとポップな感覚が薄れてしまうので注意しましょう。

青や黒などの寒色は、配色の全体を引き締める役割に使いますが、ポップ調になれるまでは暖色で押し通しましょう。

◆キャッチコピー、文字情報をしっかりレイアウト。

原色で横断幕の全体をカラーコーディネイトした場合、問題になるのは、キャッチコピーや開催日時・場所などの重要な情報をどう扱うかです。

無難なのは黄色を上手く配色・レイアウトして、そこに茶色系統か、黒・濃いグレーなどで配置してみることです。

緑色を文字に使うなら、バックの色の緑はややトーンを落とした色にするなど、バランスをとってください。

横断幕や懸垂幕は、イベントの告知に使うものですから、肝心の訴求内容がポップカラーに負けてしまっては意味がありません。

◆景気が悪く人々の気持ちが沈みがちのときは、ポップカルチャーなど、明るいイベントや色が好まれます。

愉快なキャッチで動機付けをしましょう。

横断幕は基本的にキャッチが勝負です。

横断幕の中央に白い部分を作って、目立つようにレイアウトしましょう。

キャラクターイラストを配置するとポップ感を盛り上げられます。

Copyright もう迷わない!横断幕ガイドブック. All Rights Reserved.