鹿児島市内にあるのはどんな温泉?

鹿児島には、温泉で有名な宿泊施設は当然のこと、公衆の銭湯などの殆どは温泉です。

ひとえに銭湯と言えども、ジェットバスやサウナ、打たせ湯等と設備も多様で大浴場だけではありません。

そしてだいたいの所が朝も5時や6時から開店し、夜10時位までなので、生活スタイルに添っているのも在り難い所。

鹿児島は西日本の火山帯内に存在し、主となる温泉地域が大凡40程で、270を超える源泉とか。

それは日本全国で第二位の多さに。

その大凡270というのは県庁所在地においては、なんと日本第一!そして泉質も、色々で施設所も整っており、様々な温泉が楽しめます。

最近中でも話題を集めているのが、飲むことが可能な温泉の飲泉。

それは日本中では希で、この飲泉が数多く存在します。

利用する人たちが安心して安全に入れるように、鹿児島市内の銭湯においては日々湯の入れ替えをして清潔さを維持しています。

尚、殆どの温泉の施設において、浴槽内を衛生的に利用すべく温泉循環のろ過を実行。

衛生面での信頼は重要ですね。

全身浴においては42度位熱いお湯では身体をシャキッと目覚めさせてくれ、36度位のぬるいお湯だとじっくりと疲れが取れる効果があるとか。

そして、運動浴は、水の圧力や浮力によって腰や膝に負荷をかけずの運動が可能。

よって、筋肉痛や筋力向上、関節痛などのリハビリなどには最も適しています。

鹿児島市内には、歩行できる温泉の歩行浴やミニのプールが設備されている温泉の銭湯などもありますよ。

※鹿児島市内のおすすめのホテルはこちら–>温泉・エステ | 鹿児島のホテルに宿泊するなら城山観光ホテル